サーマクールでの治療

メスを使わないたるみ治療法

サーマクールというたるみの治療法
医学の進歩に伴い、美容治療の分野においても、大きな変革が起きており、
一昔前のようにメスを使った大掛かりな治療は影を潜めており、
切らない治療法が主流となっています。

肌にメスを入れないということは、その分出血や腫れを最小にとどめることができるので、
ダウンタイムは格段に減らせます。

美容クリニックで人気が高いたるみ治療も、今は、サーマクールのように
マシンを使ったものが積極的に勧められています。

以前であれば深いほうれい線は、メスを使って切開し、肌の奥深くの組織から
引き上げなければなりませんでしたが、効果が高い分大きく腫れ、
術後すぐに日常生活に戻ることは難しかったものですが、このサーマクールなら、
同じような強力なリフトアップが図れ、かつ腫れや赤みも見られないので、
ダウンタイムを気にする必要もありません。

しかし治療法が簡単になっているように見えても、執刀する医師には高いスキルが求められるので、クリニック選びには慎重になることが重要です。